心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

赤ちゃんの生きる力の凄さ。

一歳くらいの子どもがいた。

お母さんがお手洗いに立って。


お母さんが離れたその瞬間から。

お母さんが視界から消えたらもっと。

それはもう、力の限り全身全霊で泣いた。


体をよじり、喉を絞り、持てる全てを使って。


ただただ、お母さんを求めていた。


その必死さを見ていて。


幼い子どもにとっては、

お母さんが世界そのもので。

お母さんがいなくなることは、

世界が終わるようなものなんだなと。


ふと、そんなことを思った。


だからこそ、あんなに必死にお母さんを呼ぶんだろう。


お母さんが世界の全てなのに、

そのお母さんが消えてしまったら、

その子の世界は終わってしまうのかも。


それは死が目の前にある程の絶望なのかもしれない。


なんで、たった少し離れるだけあんなに泣くのか、とか。


その理由がなんとなくわかったような気がした。


泣いて泣いて、泣き疲れて眠ってしまうほど、

そこまでして必死に泣く子もいたりする。

それだけ生きていたいんだなあと思う。


ただ、生きたいってことなんだろうなと。


ただ、まっすぐに。


そうすると、赤ちゃんが泣くということは、

とても当然で、とても尊いことのような気がした。


生きていく上で、大人もたくさんの試練に遭う。

辛いこと、悲しいこと、苦しいこと、たくさん。


そうして傷つくし心折れるし諦めそうになる。


そんなわたしたちの日常とは比べものにならないくらい、

赤ちゃんは、日々世界の喪失と向き合ってるのかもしれない。


そうして、必死に、生きようとまっすぐに願っているのかもしれない。


わたしたちはこの日本でそうそう死なないとわかってるし、

お父さん、お母さんがそうそういなくならないことも知っている。


赤ちゃんの周りは基本的には安全で死ぬことなんてないと理解している。


でも、そんなことは赤ちゃんにはわからなくて。

そのわからない中で、自分にとっての世界を確保して、

毎日サバイバルをしているのかもしれない。当たり前に。


そう考えると、赤ちゃんって実は本当に凄いんじゃないかと思う。


だって、親は何度でも目の前からいなくなる。

どうやっても四六時中一緒にいるのは無理だ。

その度ごとに絶望しながらそれに抗い続ける。


普通に大人になってからそれをやり続けたら心が壊れる。

そんなことを日々繰り返して成長しているのかもしれない。


それは、ほんとうに、ほんとうに、すごいことだ。


いや、これは全てわたしの妄想なのだけれど。


赤ちゃんがあんなにも必死で泣くのが、

自分の力で「生きること」への行動なら、

とてもとても純粋で尊いなあと思ったのだ。


あんなにも純粋に生きていないなあと思うから。

ただ生きることにまっすぐに全力であることは。


ただ尊いことだなと思う。


この日、赤ちゃんが泣き叫ぶ中で、

店員さんも店内にいる人たちもみんなが寛容だった。

優しく店中に響き渡る声で泣き叫ぶ赤ちゃんを見守っていた。


それは結構驚くべき光景で。


大げさだけど、生への賛歌だったり、肯定だったりするみたいだったなあとそんなことを思ったのでした。


f:id:kayamy:20180915230230j:plain