心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

軟酥法座禅。 ゆるりと蕩ける一期一会の夜。

大人の夜坐禅、軟酥法。


軟酥(なんそ)、という

芳しい香りのとろりとした液体。

この日のそれは優しい薔薇の香りで。


それが、頭頂部からゆるりと蕩けて、

耳を、首を、肩を、腕を、ゆっくりと、

ゆっくりと、流れ落ちてゆくのを感じる。


軟酥は身体の傷んでいるところに

染み込みその場所を優しく包み込み。

その傷みを緊張を滞りをほぐしていく。


ゆっくりと身体のすべてを伝っていく軟酥。

それはやがて身体の内側にも染み込んでゆく。


わたしたちの身体は数多の臓器から成る。

その臓器たちはいつも一生懸命働いていて。


そうして時に、傷んでいる。

軟酥はその臓器の間に染み込み

それらの傷みを緊張を滞りを癒す。


身体の外側も、内側も。

軟酥が包み込み満たされる。


軟酥に満たされて見る世界は、

ゆらゆらと陽炎の向こうに在る。


起きているのか寝ているのか、

部屋に座っているのか湯に揺蕩うのか。


ふわふわと曖昧な空間の中で、

まるで温泉にでもいるような心地よさ。

 

 

ここに来ると、時間の流れが緩やかになる。

日々の忙しい時間からあっという間に切り離されて、

ただゆるゆるとほどけて穏やかな流れの中に漂うような。


ここで出会う人も一期一会。

座禅を組んだ後に美味しいご飯を囲んで、

そうして深く楽しく和気藹々と語らいそして、

多くの場合はどこの誰かも何も聞かずに別れる。


社会の属性から切り離されて、

ここで座禅を組んでご飯を食べた、

それだけのシンプルな繋がりとして、

出会って別れてまたどこかで再会する。


この場所での繋がりは、出会いは、

人が人と出会い語らうということを、

ただ、それだけの価値を教えてくれる。


人が人と出会い、

同じ食卓を囲み、

そして別れゆく。


そこには、明確なものは何も生まれない。


けれど、その中に、間違いなく大切な何か、

があるのだろうと、それを貰っているのだと、

ここに来るたびに教えてもらっているように思う。

 

 

この日も素晴らしい時間を、素晴らしいご飯を、

素晴らしい出会いを、ありがとうございました。


また次の一期一会でお会いできますこと、

楽しみにしています。

f:id:kayamy:20170826123410j:plain