心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

自ら動く。この当たり前のことに気付き続ける。

ここ一週間、

話を聞いたり失敗したり

課題にぶち当たったりして、

なんとなく腑に落ちたことがある。


わたしは自ら変わることを自分に誓いながらも、

どこかでずっと、目の前の誰かに変わってほしい、

と願っていたのだ。ほとんど無意識的に。なんたる。


例えば部下として上司にそれを求める理由があると。

上司は社長はこうあるべきではないかと、そんなことを。


そうではなかった。

例えいついかなる時でも、

「自分から」行動するのだ。


笑ってほしいなら自分から笑う。

褒めてほしいなら自分から褒める。


そうして、周りを巻き込んでいくのだ。


決して否定しない。もっと笑って、などと。


誰かにそれを求めることは、

目の前にいるその人の「今」を否定すること。


自分から褒めよう、感謝しよう、笑おう。


そうして、感化されて笑顔が増えたら儲けもの。

 

 

思い出したことがある。

かつて読んだ「7つの習慣」で衝撃を受けた言葉。


「愛」とは動詞である。

目の前の人を愛せないと思うなら、

目の前の人を「愛する」行動をすること。


そこから愛が生まれる。


「好き」もきっと同じこと。

目の前の人の良いところを見つけて、

それを言葉に態度に出して褒めてみたら、

その人のことがあっという間に好きになる。


この一週間、たくさん失敗した。

たくさん自分のどうしようもないところを見た。


なぜそういう心の動きを、行動を、思考をしたのか。

それもこの一週間の間に考え続けてある程度理解した。


すべての事象に意味がある。

自分がその中に何かを見出そうとすれば。


来週は、またよりいっそう素晴らしい週になりそうだ。