心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

森 聖子 個展 〜円奏宇宙〜

f:id:kayamy:20170603163837j:plain

彼女が奏でるのは絵。

とても不思議な美しい。


そこに表現されているのは

円であり線であり点であり。

そして曼荼羅なのだけれど。


それでも、

奏でる、と。

表現したい。


彼女の絵は

海の音を奏で、

空の響きを聴き、

月の沈む音を鳴らす。


優しく、豊かに。

無音の空間の中で。


美しい、おんがくを奏でるのだ。


f:id:kayamy:20170603163938j:plain


円く、円く。

どこまでも。


波紋が広がるように。

波が打ち寄せるように。


光が拡散していくように。

どこまでも。どこまでも。


その人の宇宙の中へ。

その人の宇宙の外へ。


その絵の中に宇宙があり、

見る人の中に宇宙がある。


それらは共鳴し響き合い。

ひとつの宇宙の形を作る。


f:id:kayamy:20170603164003j:plain


それは観測者との一期一会。


奏でられる音はその人限りのもの。


同じものを見て、同じものは見えない。


その絵から受け取る印象もメッセージも。


誰ひとり、同じものは見ない。

誰ひとり、同じ音は聴かない。


必要な出会いを得るために、

ひとりひとりがここへ足を運ぶ。


小さな個展会場に、

並べられたいくつかの絵に。


わたしたちは何を見るのだろうか。


彼女が描く円の向こうに、

わたしたちは何を見つけるのか。

わたしたちは何を探し出すのか。


その時は何もないかもしれない。

けれど、何かを受け取っている。

その何かが花ひらく、時は来る。


彼女の絵は、ふ、と降りてくるもの。

彼女はただイメージを描き出すだけ。


そこには彼女の意思はなく。

そこには彼女の意思がある。


彼女は描くためにその体を捧げる。

彼女が仕える事は、絵を描くこと。

それが彼女に与えられた「仕事」。


彼女は、絵を描くことを通して

必要な人にメッセージを届ける。


それが彼女の生きる道なのだろう。


彼女を動かすもの。


彼女の使命とでも言うべきもの。


それが、これらの絵なのだろう。

 

f:id:kayamy:20170603164132j:plain

 

銀座に立ち寄られることがあれば。

もし心に澄んだ風を欲しているなら。


ぜひ、こちらに足を運んでみてください。


入場料は無料です。


会期:5月29日〜6月3日

時間:12:30〜19:30(最終日のみ17:00まで)

場所:GALLERY ART POINT

東京都 中央区銀座8-11-13 エリザベスビルB1


イベントページ

https://www.facebook.com/events/410154896022285/?ti=icl