読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

夏野苺さんの個展。奇跡の出逢いと大切なことを思い出す場所。

大阪は箕面、緑溢れる山のふもと、

大きな滝の神様に見守られた場所。


梅田駅から30分でとっても澄んだ空気に会える。

駅を降りたらのどかな街並み青い空の心地よさ。


もう今年で3回目だけれど、

小屋を目指す道のりは、

いつだってワクワクでいっぱい。


駅徒歩数分の道を歩いているだけで楽しい。

晴れた空の下歩いていくと緑の壁が現れて。


とっても綺麗に可愛く整えられたお庭の中に

ちょこんと佇む小さな可愛いピンクの小屋が。

 

f:id:kayamy:20170422172338j:plain

 

そこが夏野苺さんの個展の会場。

 

 

3、4人も入ったらいっぱいになるくらいの空間。

入りきれずに待ってる間に話すその時間も幸せで。


個展に来た人たち同士の中で小さな交流が生まれ、

ここに来たら誰かと話して繋がって帰る気がする。


今回もたくさんの人との奇跡の再会が待っていた。


昨年の苺さんのワークショップでご一緒した二人。

あのときよりも、もっともっときらきらしていて、

二人に会った瞬間はもう嬉しくてたまらなかった。


明らかに、まとう気配も瞳の輝きも変わっていて。

あの日のあの時間が変えたもの、ひとりひとりが

あの日から、丁寧に積み重ねてきた時間を思った。


奇跡の再会はまだまだ続く。


ちょくちょく会ってる同じゼミで学んだあっくん、

東京のはちみつ会で幸せ時間を過ごしたゆりさん。


昨年の個展ですれ違ったれいさんとは1年越しに。

小屋の隣の雑貨屋さんの素敵なふたりの店員さん。


みんなひとりひとりが前よりきらきら輝いていて。


あの日あの場所で出会えただけで幸せだったのに、

こうして大阪で再会出来るなんて、本当に幸せだ。


毎日を大切にして前を向いて進んでいる人たち。

会ったら必ず、あの時よりも素敵な場所にいる。


そんな人たちと繋がれたこと、再会出来たこと、

そしてお話する時間を持てて再会を誓えること。


やっぱりここは魔法の小屋、素敵な繋がりの場。

小さな小屋に入るだけで浄化されたかのようで。

中で素敵な作品たちと向き合う時間も楽しくて。

 

この場所には、毎年必ずわたしを呼ぶ作品がいて。

いつもその値段にびびって一度箕面の滝にお伺い。

でも買うことはすでに最初の出会いで決まってる。

わたしは必ず、その子を連れて帰っておりました。


今年は呼ばれた?と思った子がいたのですが。

あっ、という間にほかのひとに貰われていき。

今回はほかの子には呼ばれなかったのでした。


たぶん、きっと次の東京の個展で出会うのだ、

とそんなことを感じながら、小屋を後にして。


f:id:kayamy:20170422172421j:plain


隣のカフェで、奇跡の出会いを果たしたひとたちと

ゆっくりお話ししながら美味しいごはんのひととき。


とっても満たされて、

浄化されて、その場を後にしました。

この場所を、この機会を作ってくれて。

本当に、本当にありがとうございます。


この日出会ってくれてお話してくれた、

同じ時間を共有してくれた全てのひとに。


心から、ありがとうございます。

  

f:id:kayamy:20170422172444j:plain

 

夏野苺さんの個展は明日まで。

最終日は15時までです。


とっても澄んだ空間と、

不思議で可愛らしい作品たち。


そして、苺さんを始めとして、

素敵な人たちとの出会いが待っています。

ピンと来てしまったら是非(*^^*)


個展1日目の様子はこちらから☆

http://www.ichigo-natsuno.com/essayDetail.php?813


「マジカルテディと天使たち」

4/20~4/23★12:00~17:00

(最終日は15:00まで)

入場無料

カフェ サルンポワクとSAKKA ZAKKA敷地内の小屋

http://www.geocities.jp/salunpowaku/index.html

●お問い合わせ:072-724-1771(SAKKA ZAKKA 松下)

11:00~18:00(水曜定休)


 

f:id:kayamy:20170422172502j:plain

  

  

素敵な場所で素敵な人と過ごす時間。

今思い返しても、とっても幸せな時間。

わたしには、こういう時間が必要だなと。


誰とどんな時間を過ごすか。

それが、

わたしにとっては本当に大切。


誰かのためでなければ、

わたしはいくらでも堕落する。


誰かを幸せにしたくて、

わたしはがんばるし前に進む。


周りにどんなひとがいるか。

周りにどんなひとがいてくれるか。


どんなひとのためにわたしが動くか。


それを、本当に、本当に大切にしたい。


自分を大切に。

自分の好きを大事に。

それはもちろんその通りだけど。


誰かの幸せのために動く自分がわたしは好きだ。


だって自分のためなら

ごろごろして本読んで、

美味しいご飯を食べて、

綺麗な景色見に行って、

それだけで、いいから。


それだけだと、つまらない。

それだけだと、満たされない。


だからやっぱり、素敵な誰かと過ごす時間は、

誰かのために動く時間は、わたしのために必要で。


そして動きたい時に動けるように、

体のメンテナンスをするし、お金も稼ぐ。


自分の原点にも、戻れた時間でした。

ありがとう、ございます。


f:id:kayamy:20170422172519j:plain