読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

満月の日にここ半月を振り返る。

つきがきれいなよるなので。



ふと空を見上げたら今夜は満月で。


雨が降っていたと思っていたのに、

寝る前に窓を開けたら綺麗なお月様。


なんとなく、

月の光に誘われて、

写真を何枚か撮ってみて、

夜空に浮かぶ月を美しいなと思う。


そうしてふと、ここ最近を振り返ってみる。


なんだかお金に振り回された半月だった、

そんな気がしてしまったわけです、実は。


どこかでどうあったってどうなったって大丈夫、

と思っているのに思考はそれを裏切るのだなと。


今まで貧乏人人生積み重ねて、

ご利用も人生も計画的に!を

貫いてきた約30年間だったので。


毎月5万貯金して、賞与からは必ず10万貯金。

奨学金貰ってバイトして国立大学出て公務員。

素晴らしきかなまるでお手本のような人生で。


それを一度ひっくり返してみたところで。

かつての生活の名残は残るよなあ、とか。


公務員だから対象外と思っていた失業給付も

最後の2年間非公務員型独立行政法人に出向

中に雇用保険かけてたから貰えることが発覚。


これはもう、お金のことは置いといて、

就職活動しなさいなということか、と。

自分の未来を考える時間を持ちなさい、

とそういうことなんじゃないかなとか。


そんなことをお月様に向かって思ったり。


お金のことを考えるから、

これからのことが疎かになって。


バイトをしているから

時間が埋まっている気がして

今やるべきことを先送りしたくなる。


退職金は今月末には入るのだけれど、

それで生活できるのは2ヶ月が限度。

失業給付の初回支給日は4ヶ月後だ。


どちらにせよ、間に合わない。

雇用保険は就職促進手当を貰う、

そのためだけに、活用しよう。


それまでに、就職か、何か。

自分の生活の基盤を作ろう。


イムリミットは6月末。

7月には生活の糧を得る。


わたしの夢への道を掴めたらもう最高で。

掴めなければ、副業や趣味で続けていく。


文章も、写真も。


お金になろうがなるまいが、

この二つとともに人生を歩むことは決めている。


お金にならなくても、

この二つで関わる人を

少しでも幸せに出来たら、

それだけでとても嬉しい。


それに、もしこの二つがお金にならないなら、

社会への貢献は別の方法で求められている、

というだけのこと。それはそれでいい。


サービスコーナーで進物販売、家庭教師、テレアポ、試食のマネキン、結婚式場のホール、テキ屋、病院事務、未収金督促、法律所管、試験問題作成、経営改善、内部監査に物産展とアルバイトや派遣を含めていろんな仕事をやったけれど。


どれもそれなりに楽しめたしやりがいはあった。

どこにだって改善の余地も工夫の方法もあった。


どこで何をしていても、結局は変わらないのだろう。


流れるままに、ご縁が繋がったところに行こう。


繋がるべき縁は繋がり、そうでないものは繋がらない。


たぶん、そういうことなのだろう。

 

もちろんそのための行動は積み重ねるけれど。


文章を仕事にしたい、

文章がわたしの核だと

感じていることも事実だけれど。


どこで何をしていても

書き続けるし撮り続けるなら

何がどうなっても、同じこと。


焦らずに、ただ行動を積み重ねて。

流れるままに、ご縁が繋がるままに。


就職活動を楽しもう、と思った満月の夜。


f:id:kayamy:20170412160812j:plain