心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

退職して2日。何かを捨てれば何かが手に入ると言うけれど。変化はいつだって緩やかで。急に何かが変わるわけではない。

退職して、2日目。


何かを手放せば何かを得られる。


今あるものを手放さなければ新しいものは得られない。



よく聞く言葉だ。



けれど、退職したからといって、

景色がいきなり変わるわけもない。


朝、同じように起き、

夜、同じように眠る。


退職して最初の2日が土日だったからかもしれないが、


なにひとつ変わらない日々がそこにはあった。



けれどそれは当然のこと。



いきなり劇的な変化があるわけがない。



就職するとき、学校に入るとき、

世界は変わるような気がしていた。



けれど、なにひとつ変わらなかった。


過ごす場所は変わったけれど、


やはり1日は同じように始まり、


同じように終わっていった。



けれど、振り返れば、確実に変わっていたのだ。



変化は劇的には訪れない。



徐々に、緩やかに訪れる。



そして、確実に自分自身を変えていく。



そういったことも含めて、



これからの自分を見つめていきたい。