読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

言葉の持つ力。言葉は世界を作り、言葉は未来を創る。

コピーライター養成講座を受講することにしました。


コピーライターになると決めたわけではないですが。

今日、説明会に参加してみて言葉の持つ力、というものを、強く強く感じました。

 

わたしのいつも書いている文章は、わたし自身から湧き上がるものをただ文章という形にしているだけのものです。

 

そこには、この感動を与えてくれた相手にこの想いを届けたい、この湧き上がる感動を言葉にしたい、というそれだけがあります。

 

言葉はわたしの意思で自由になるものではなく、ただ自分の中からあふれてこぼれるもの。

これは、クライアントの要望にあわせて調整することができないのです。

 

だからこそ、わたしの文章はクライアントを持っての仕事にはなりえないと思っていました。

しかも、わたしの文章はただひたすらに長い。

コピーライトのような短い文章はわたしにとっては苦手な分野です。

 

このために、コピーライターを目指すという選択肢はわたしの中にはありませんでした。

 

けれど、今日のコピーライター養成講座でコピーライトはただの言葉ではないのだと気付かされました。

 

コピーライターはクリエイターであり、マーケターであり、プロデューサーであり、コンサルであり、経営者である。

 

コピーライターは、クライアントの伝えたいことの本質を、達成したい組織目標を、作り上げたい未来を、汲み取って形にして提示する。

 

しかも、

最もその人が求める形で。

最もその人に刺さる形で。

 

 

わたしたちは、言葉でコミュケーションを取っています。

 

わたしたちは、言葉で伝え、言葉で動き、言葉の中で生きています。

 

心に響く言葉は人を動かし幸せにする。

 

本質を突く言葉は組織を作り社会を作る。

 

 

言葉は、世界を作るもの。

 

 

言葉は、未来を創るもの。

 

 

その一端を担うなら、これほど面白いことはありません。

コピーライターとして仕事をしなくても、言葉は世界に溢れています。言葉と無縁の仕事は存在しない。

 

 

わたしは、文章を書くことも好きですが、目の前にある物事を分解して整理して解決策を提示して未来への道筋を作ることも大好きです。

 

だからこそ、コピーライターとしてはわたしのいつもの文章は役に立たないとしても、違う形で言葉を紡ぐことが出来るのではないかと思ったのです。

 

 

やっぱり、わたしは言葉が好きです。

 

 

わたしは言葉の持つ力を、可能性を信じています。

 

 

ここで学んだことを、どのように活用していくか。

 

 

それはまだはっきりとはしていませんが、

 

 

わたしの心がイエスと言った、それに従います。

 

 

言葉で世の中にプラスの影響を与えられるなら、

 

 

それは本当に素晴らしいことだとそう思うのです。

 

 

この講座を教えてくれた友人には、感謝しかありません。本当に素晴らしいきっかけをありがとうございます。