心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

青く、甘く。彼女の涙の海で溺れたい。

青く、甘く

 

 

青く、静かで、透明な。

 

どこまでも、どこまでも、海の中。

 

深く、碧く、澄んで、美しく。

 

優しくて、哀しくて、愛おしい。

 

 

小さな小さな絵本の中に、

 

とっても深い世界がある。

 

 

美しく優しく淡い絵の向こうに。

 

美しく暗い狂気が、影がひそむ。

 

 

彼女は人魚。

 

彼女の涙は海になる。

 

 

美しく、どこまでも彼を包み込む。

 

彼を拒絶し招き入れ惑わし幸せにする。

 

一度その海に浸ったら。

 

もうどこにも帰る場所はないよ。

 

彼女の涙はセイレーンの歌声。

 

海よひいて。

 

水よ消えて。

 

海で満たして。

 

水よあふれて。

 

 

 

相反する二つの感情。

 

 

大切にしたい。

 

壊したい。

 

笑ってほしい。

 

傷つけたい。

 

 

どちらの君も、とても綺麗で愛おしい。

 

 

涙の海でおぼれないで。

 

涙の海でおぼれさせて。

 

 

どちらもほんとう。

 

どちらもおなじ。

 

 

それくらい。

 

 

彼は彼女の海に溺れてる。

 

 

 

青く、甘い。

 

 

彼女の海の奥深く。

 

 

そこに彼女と彼の愛がある。



「青く、甘く」

http://nijinoehonya.shop-pro.jp/?pid=110591341