読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

人生で一番大切なこと。自分の心から欲しいものを認めること。人生で一番辛いこと。自分の心から欲しいものを否定すること。

f:id:kayamy:20170110235005j:plain


直前まで体調を崩していたのに、前日の夕方にはかなり良くなっていた。



前日は土砂降りの大雨だったのに、当日は眩しいほどの太陽と青い空。


そんな風に、いろんなことが、ほんとうにいろんなことが。びっくりするほど上手く重なって、最高のタイミングでわたしは伊勢に降り立った。


そんな素晴らしいタイミングで、外宮と内宮のお詣りをゆっくりと静かに終えて。


そうして。


新年早々、伊勢神宮に呼ばれた理由は帰る間際にわかった。

それは、わたしがそう思っているだけなのかもしれないけれど。


でも、わたしはこのために伊勢まで来たんだなあって思った。



そして、そのお役目に自分が選ばれたということに、感謝した。



伊勢には友人がいる。とても一生懸命で、とてもまっすぐで、とても情の深い、尊敬する友人が。


様々な人生の荒波を乗り越えて、ひととき落ち着いていた彼女の元に、新年早々、人生の大きな決断を迫るような出来事が起こった。それにより噴出するたくさんの生死を分かつような問題の数々。


彼女はその問題にひとりで向き合い、許容量を完全に超えてふらふらだった。


そんなタイミングでわたしが伊勢に来たのは、もう何かの導きがあったからとしか言いようがない。


なぜ、今だったのか。


伊勢なんて、いつでも来れるのに。


それなのに、何故、今でなければならない、と思ったのか。



その答えが、彼女との再会であったように思えてならないのだ。


彼女は、知っていた。


自分が何をやりたいのか。


心の底で、本当に望んでいることが何かを。


けれど、たくさんの、たくさんの現実が彼女にそれを認めることを拒否させた。


彼女は苦しんでいた。


そこに、答えがあるのに。


自分の欲しいものがあるのに。



それを知っているのに。


目を背けている、から。



だから、あんなにも悩み、苦しんでいたのかもしれない。


気が狂うほどに悩み苦しむ時は、自分が心から求めているものを形にする方法がわからなかったり、その道を進もうとした時に聳え立つ障害を目にしたり、その道が閉ざされたように感じたり、する時ではない。


自分の本当の望みから目を背けている時だ。


常識から、現状から、立場から、性別から、年齢から、能力から…。理由は様々で何でもいいのだけれど、そういった、「本質とは関係のないもの」に目を奪われて、目を塞がれて、そうして本当の望みを認めることが出来ない時。




それが、何よりも一番苦しい。




自分の本当に大切にしたいものを認めているか。


それを本当に大切にしているか。



たぶん、それだけだ。



自分の人生を生きていくのに大切なことは。