心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

おとなの学校 勝手にサーカス!?第三夜〜全世界アーティスト化計画〜

f:id:kayamy:20161230133644j:plain

おとなの学校 勝手にサーカス!?第三夜☆


最高に面白くて最高にブッ飛んでるひとたちの、最高にイカした人生のエッセンスを語ってもらう、誰も寝てはならぬどころか誰も寝ることすら思いつかない、ワクワクとドキドキで満たされた一夜限りの夢の学校。

そんなキングコング西野亮廣さんの主催する、おとなのための学校、サーカス!に感動して心震えた一人の男が立ち上がり、西野さんに許可をもらって公式に立ち上げたスピンオフ!それが「勝手にサーカス!?」である。


この日は天才万博前夜祭。


翌日天才万博に出演する最高に面白い先生も参加して、もちろんそれに負けず劣らずの最強の先生たちの布陣を敷いて下北沢の夜にまたもや華やかに降臨する。


そんな一夜限りの夢の学校。


そんな中、トップバッターが掲げるテーマはやはり凄かった。


全世界アーティスト計画に向けて。


すべてのひとをアーティストに。


だれもが本当はアーティストで、だれもがやりたいことがあるはずだけど、いろんな理由でやれなかったり自分には無理だって足かせをかけている。


そんな風に思わなくっていい。
そんな風に諦めなくたっていい。


だって、こんなひとがいる。自分みたいなひとが。


妻と二人で会社を辞めて、オーストラリアへ行く馬鹿な奴がいる。


なにひとつ保証も行く先も見えないのに。守りたい大切な妻を守れるかどうかもわからないのに。



それでも、自分が信じるもののために、自分を信じてくれる妻と一緒にすべてを手放してオーストラリアへ行く。


そこに見えるものがきっとある、と信じているから。


不安がないわけじゃない。何かを見つけられると確信しているわけでもない。



でも、自分が決めたこと。


自分はこれを選ぶ。この道を行く。



自分の一番大好きなこと。心震えること。


それは、大好きな犬の絵を描いている時。


あの、純粋で、決して見返りを求めず、自分たち人間に素直に健気について来てくれるあの瞳。


彼らの姿を、彼らの魂を、自分の中から浮かび上がってくるままに描いていく。


彼の絵はとてもカラフルだ。それは、きっとその犬それぞれが放つ光を見ているから。感じているから。

その犬の姿は、わたしたちの目には単に茶色の毛並みに映るかもしれないけれど、本当はひとりひとりがひとりひとりの魂の色を放っている。
それはひとりひとり全部違ってカラフルで、ひとりひとりが内側からの光で輝いている。


そんな彼の書く犬の瞳には、光が宿っている。いのちが宿っている。どこか、その目をずっとみつめていなくなるような、そんな感覚がある。



彼の描く犬の透明な瞳に吸い込まれそうになる。



それは、きっと、彼が本当に犬を愛しているから。



その存在に敬意を払っているから。彼らの透明な魂を、その絵に、その瞳に映しだそうとしているから。



だから、とてもとてもカラフルな彼の絵は、とてもとても静かだ。



あの鮮やかな色彩とは裏腹に、とてもとても優しく静かな、心落ち着くような、そんな絵だった。


たぶん、彼自身がそういうひとなのだろうなあとそう思う。


そんな彼は、話している間じゅうずっと、幸せそうに楽しそうに笑っていた。


幸せだから笑うんじゃない。笑うから幸せになるんだと。


毎日毎日、幸せに笑い続けたら、その先に幸せな日々が待っている。


わたしが書くととっても真面目になってしまうけれど、織田さん自体は最高にブッ飛んでて面白い。


この全世界アーティスト計画は、宇宙解明のためにやるという。

ひとりひとりが自分のやりたいことをやって心の底から輝いて、そうしたら宇宙の謎が解明できるんじゃないかって、そんなことを大真面目に最高の笑顔で語ってみせる。


彼の笑顔を見ていたら、彼のまっすぐて素直な瞳を見ていたら、そうかもなって、どこかでうっかり思えてしまう。彼の行く道を、開こうとする未来を見たいなって思ってしまう。


彼の笑顔と瞳には、それだけの力がある。


彼は間違いなく、この世界に笑顔を増やす。


そして、彼のすべてを手放した自由な生き様を見て、惹かれて、影響されて、ひとりひとりが輝いていくのだろう、きっと。


そんな彼は現在クラウドファンディングに挑戦中!
しかも本日0時まで!!
もし、彼のことを面白い!応援してみたい!と思った方はぜひー!!こちらから彼の想いを聞いてみてください!!


なお、次回の勝手にサーカス!?は1月15日!
気になる方はこちらをチェックしてください☆
 https://www.facebook.com/kattenisacus/