心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

しいたけ占い これまでとこれからと自分のありかたと。

VOGUE GIRLに掲載されている「しいたけ占い」という一見するとふざけた名前の占いがある。

これが本当に本質を突いてくる素晴らしい占いなのだ。普段は占いを聞くだけ聞いて忘れてしまうようなわたしだけれど、この占いはその本質を語る容赦のない鋭さに、のめり込むようにして読んでしまった。

この占いは、占いといえば占いなのだけれど、今のあり方を、生き様を教えてくれているような、そんな気がする。

ある意味、とても厳しいことも伝えているのに、彼の書く文章はあくまで淡々としている。だから、こちらとしても静かに淡々と読み進めることが出来るのだ。

そして、静かに落ち着いて、今の自分を省みることが出来る。わたしはどういう人間か。今がどのような状態で、どういうことをしたいのか。

そんなことを、ただ凪のような心で考えることが出来る。すべてを鵜呑みにすることなく、彼の言葉からきっかけをもらって、自分の来し方行く末を考えることができるのだ。

彼の言葉はきっかけに過ぎない。彼の言葉は道標に過ぎない。それを見て、どう決断し行動するか。それだけなのだ。



彼は言う。


『あなたは「ただ生きている人」ではないのです。そうではなく、あなたの人生って「自分が心の底から感動する場面をその目で見て、その場に参加して、その場所で強く生きていく。その瞬間を迎えるために生きている」というところがあるのです。激しい言い方をするのですが、そのためなら「昨日までの自分なんていなくなっても構わない」というような強い覚悟もあります。』


東京に出てきた時、わたしを支配していたのは「このままでは駄目になる、ここを出来る限り早く離れなければ」という確信だった。だから、東京に転勤するチャンスがあるという話をもらった時、わたしはほとんど躊躇いなく、誰に相談することもなく、そのチャンスを掴むことを決めた。

縁もゆかりもなく知り合いも1人しかいない場所で、四方が山に囲まれ電車が1時間に一本しか走らないような田舎から、山など見えずホームに人が溢れ満員電車に揺られる都会にやってきて、初めての一人暮らしをしながら今までやってきた仕事と全く違うことをする。それだけで途方もなく大変なことだ。

その上、わたしはその頃8時間以上は睡眠しなければ保たないロングスリーパーで、そして自分の精神がとても未熟であることも理解していた。転勤することを選べば3、4時間睡眠の日が続くことも、精神的に追い詰められるだろうことも理解していた。おそらく、肉体的か精神的か、どちらかを理由に死の淵まで行くだろうことも。それでも、わたしはその場所から動かなければと感じていた。

結果的に、わたしは精神的に死の淵に立つことになるのだけれど、その渦中にいる時すらこの決断を後悔することはなかった。覚悟の上で来たからだ。今思い返せば、後悔の二文字が思い浮かぶことすらなかった。


そして今、あの時と同じように、「このままこの場所に留まり続けることは出来ない」と感じている。それは裏付けも何もない確信のようなもので、ただ、静かに揺るぎなくわたしの中に存在している。

その確信は、その時が来たことだけを知らせて、わたしに行動を促す。準備も出来ておらず、未来には不安しかない。それでも、「例えこの先に死があるとしても、動け」とだけ伝えてくるのだ。

わたしは、留まり続けることが出来ない。ある場所で、停滞し続けることは出来ないのだ。わたしにとって停滞は死に等しい。それは、周りから見てどうかではなくて、わたし自身がそう感じているかどうかにだけ起因する。

わたしの1日が仕事で埋め尽くされることがなければ、仕事以外のことで1日を埋め尽くそうとする。常に、どこかへ進むために何かをし続けたいという欲求がある。そして、そのためのお金は用意される。月に150時間残業していた頃より、月に30時間も残業していない今の方が、給料はいい。空いた時間を埋めるためのお金があるのだ。


つまりそういう風にして、必要なだけのお金は巡ってくるということなのだろう。面白いことに。
そうしてわたしの人生は必要なだけのお金と時間を得て、また新たに巡っていく。


『あなたは人生において「ある瞬間」が訪れた時に、「今までの自分が知らない自分」が動き出して、新しい物語を始めていく。そういうすごく不思議な感覚を持っている人なのです。だから、この2017年はあなたにとって新しい物語の幕開けとなる年です。自分がやってきたレベルがガラリと変わっていくと思います。この新しい、素晴らしい未来を「ありがとう。なんでも来て。私はすべてに感動する!」という態度で迎えてみてください!』



2017年上半期しいたけ占い

f:id:kayamy:20161216003458j:plain