読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

ご縁と繋がりの場所。人が集まるその場所は、ママがひとりひとりと真摯に向き合い大切にしてきたその証。

今までわたしの日常に存在しえなかった、高級な街。


そんな街に大好きな場所がうっかり出来てしまった。

とても素敵なママがいる、とても素敵な隠れ家バー。

ホームページも看板もないその場所に、ふらりと訪れることは出来なくて。
あたたかくて居心地の良いその場所は、人と人との繋がりだけで出来ている。

バーはたくさんあるけれど、
ママがいるからそこに行く、
素敵なママに惹かれて通う、
そんなひとりひとりのひとたちは、
きっとどこかに同じものを持っていて。

だから誰が来ても、お店の中は心地いい。



人が来てくれてこその客商売で、あえて入口をひとつに絞る。

入口は、人と人とのご縁だけ。

ママを直接知らないと、ママを知ってる誰かと繋がらないと行けないその場所の。

その店内にいる人たちはそんなご縁でゆるり繋がって。

話さなくても、顔すらわからなくても、その場所にいる人たちはそんな風に繋がっているんだと。

それを想像するだけで、なんだか素敵だなあとそう思う。


ママがいるから来たよ、って。 

ママに会うために来たよ、って。

どんなに遠くても、どんなに会わない時間が長くても。

ほんとうにほんとうにたくさんの人がママの元を訪れる。


それは、ママがこれまでひとりひとりを大切にして、誠実に懸命に生きてきた、なによりもの証。


次から次へと楽しい人がやって来て、たくさんの人であふれてゆくのに。

それでもひとりひとりに丁寧に向き合ってくれる。 

気さくに笑ってママが生きてきた人生で、とてもとても大切なことを、惜しげもなく伝えてくれる。

ひとつひとつが感動で。ひとつひとつが宝物のような。

そんな大切なことをまっすぐに、あっけらかんと与えてくれる。


その場所に、何度も何度も通いたくなるのは。
その場所に、素敵な人がたくさん集まるのは。


なによりもなによりも、ママの人柄なんだと思う。


何度も何度も繰り返し思うことは、この出会いがあってよかったなあっていうこと。
大好きな人とご縁が出来て出会えて繋がれて幸せだなあっていうこと。

どれだけ自分が心から素敵だなあと思う人に出会えるか、どれだけその人と幸せな時間を過ごせるか。
わたしにとって、人生の豊かさとか素晴らしさは、そこにしかないって思う。

ママの笑顔を思い出すだけで幸せになる。

茶目っ気たっぷりに笑いかけてくれる満面の笑み。

いいなあ、素敵だなあって思ってまた会いに行きたくなる。


この日いっしょに来てくれた友人も、ママの話にきらきらと瞳を輝かせて、本当に楽しそうで嬉しそうで。

彼女をここに連れてきてよかったって心から思う。
こんな風に、素敵なご縁がつながったということが嬉しくてたまらない。

だってそれだけで彼女の人生がさらに輝くと思うから。

大好きな人が、大好きな人と繋がって、幸せな時間が増えていくならこんなに嬉しいことはない。


そしてたぶんきっと、ママのお店はそういう所。
素敵なご縁を紡いでいく場所なんだと思うのだ。


この夜も、本当に本当に楽しくて幸せな時間でした。
いつもいつも、ありがとうございます。

出会えて過ごせて幸せです。

また、会いに行きますね。

f:id:kayamy:20160929061229j:plain