読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

おとなの学校 勝手にサーカス!? 〜四限目〜 向原一平 先生「助けてください!」

f:id:kayamy:20160926081757j:plain


「伝える」ということは、能動的に発信すること、だろうか。
「伝える」ためには自分から行動し、働きかけなければならない、だろうか。

わたしたちは、「誰かに伝える」という意図がなくても、毎日、毎瞬、何かを伝え続けている。

参議院議員選挙が始まった。
「誰か特定の人」に「投票」することだけが自分の意思を伝えること。では、ない。

投票所では、年齢、性別等の情報が記録される。
議員たちが当確後、最初に気にするのは「誰が自分に投票したか」ではない。
「誰が投票所に来たか」つまりは、「どの層が政治に興味を持っていて、どの層に『効く』アプローチをすれば有効か」だ。
それによって、今後の戦略が練られる。
政治家は当選しなければ何ひとつ成す事は出来ない。
有効投票になり得る有権者に対してのアプローチは彼らの生命線となる。

投票所に行く、行かない。
それ自体は、「主張」ではない。
ただの行動に過ぎない。
わたしたちは、「自分が投票所に行った」と「伝える」ために足を運んでいるわけではない。
「伝えたいこと」は「わたしはこの人を支持する」ということ。

もちろん、それ自体は言うまでもなく重要なこと。

けれど、その投票所に行く、行かない、こそが今後の政治を左右するのだとしたら。

そんな風に、「伝えよう」と意図していないことこそが、社会を、自分の周りの世界の現実を動かしているのだとしたら。

たとえ自分がそこに「いた」としても、「いなかった」としても。

わたしたちひとりひとりは、「存在している」だけで世界に何かを伝えている。

どこかへ出かける。家にいる。
なにかを買う。買わずに帰る。
だれかと会う。ひとりでいる。

ただの統計上の情報としても、
誰かの心を揺らす感情としても、
なんらかの形で、存在はそこに残る。

何かをした、しなかった。
どちらの形であったとしても。

それが、場の雰囲気を作り、陳列される商品を、造られる建物を、推進される政策を、そして、世界を作り上げていく。

意識していてもいなくても、
意図的でもそうでなくても、
わたしたちは、世界は、毎日様々な情報をインプットする。

そうした情報の積み重ねで、世界が作り上げられていく。
それを構成する情報のひとつは、間違いなくわたしたちひとりひとりが何気なくとった、あの日のあの時の行動なのだ。

何かを成すわけでもない、役に立つわけでもない、なんでもない些細な行動が、そのひとつひとつが、誰かに何かに確実に影響を与えている。

そうだとしたら、わたしたちの行動のひとつひとつはきっととても尊いし、何ひとつ意味のないことなんてない。

わたしたちの行動は、何ひとつくだらなくもつまらなくもない。

そう考えると、自分自身を、自分のひとつひとつの決断と行動をもっと大切にしよう、とか。そんな風に思えるんじゃないだろうか。

そんなことを感じた時間でした。

まるで哲学の授業を聞いているようで非常に面白く、とてもとても楽しく心踊る時間でした。
こういうことを延々考えているのが楽し、すぎる…!!

ただのひとつの現象でも、掘り下げれば本質に辿り着く。きっかけも切り口もなんでも良くて、何でも突き詰めれば、極めれば見えてくるものは実は似通っている、といったような。
だからこそ、そこに辿り着くためのたくさんのルートがあって、それでこそ世界は面白い。

さてさて。
ここまで読んで、なぜ「助けてください!」なのか?と疑問に思ったひともいたことでしょう。

向原さんには、ずーっと心に秘めた夢がありました。
故郷の静岡に、住みたい…!!
けれど、向原さんには家族がいます。東京で、大企業の役職にも就いておられます。
たぶんいい給料ももらっていることでしょう( ̄▽ ̄)

それらすべてを捨てて静岡になんて…!!

けれど、彼は決めたのです。
すべてを捨てて、一歩を踏み出すことを!
勇気を出してそれを伝えることを!!

伝えることできっと素晴らしい静岡との縁が繋がるはず。

と、いうわけで向原さんを伊豆(違うかも)に破格の待遇で呼んであげて下さい!タスケテクダサイ!!

向原さん、伊豆情報はほぼなくてお力にはなれませんでしたが、素晴らしい時間をありがとうございました…!!!


そんな素晴らしくもカッコよくオチも秀逸?な先生が登壇する「勝手にサーカス!?」第二夜が秋の夜長に満を持して開催します。

もしご興味あれば是非(*^^*)

 
【勝手にサーカス!? 第二夜】
10月1日(土)
開場:17:30
開演:18:00
会場:下北沢ろくでもない夜
   世田谷区北沢2ー6ー5 ルイビル3F
 
料金:前売り 3000円
   当日 3500円
※別途ドリンク代500円が必要です
 
出演:
佐藤 あみ(女優・書道家
佐藤 達矢(おもちゃメッセンジャー)
玉田 精 (旅する字書き)
詠美衣(えみい)(詠人・旅人)
延藤ミッツェル五郎(劇場支配人・漫画家・芸人)

 
シマウマフック(お笑い芸人)
 
上岡 清志(勝手にサーカス!?校長)
 
■チケットの予約方法
69demonai46@gmail.comに、題名は「10月1日勝手にサーカス!?予約」と入れていただき、「日程」「枚数」「連絡先」のご記入をお願い致します。