読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

おとなの学校 勝手にサーカス!? 〜 二限目 〜 東條知美先生「絵本で伝える」

f:id:kayamy:20160925120359j:plain

「絵本」と聞いた時、
どんなことを思い浮かべるだろうか。

子どものためのもの。
絵がたくさんで字が少ない。
大人になったらもう読まない。

そんな絵本に「無限の可能性がある」と彼女は言う。

たった少しの文章で、
とても易しい文章で、
幾数枚かの絵だけで、

伝えられることには限りがあるんじゃないか、
そう、思うだろうか。


「だからこそ」絵本の世界は無限に広がるのだとしたら。


東條さんの人生を変えた一冊の絵本がある。
ルピナスさん」
そこには、ひとりの女性の子どもの頃から死ぬまでが描かれている。

ひとひとりの人生を描くには、百科事典が何冊あっても足りはしない。
その人生が、ぎりぎりまで削られた簡潔な文章と、やさしい絵とともに目の前に広がる。

詳細が省かれているからこそ、わたしたちは「ルピナスさん」が歩む道を自分に重ねる。


彼女は、幸せだったろうか
(わたしは、幸せだろうか)
彼女は、孤独だったろうか
(わたしは、孤独だろうか)


絵本は多くの場合、何が正しいかを語らない。
登場人物がどう思っていたかが語られないこともある。


わたしたちはその余白を自由に創造する。
具体的な描写が削られれば削られるほど、想像できる範囲は無限に広がり、ひとりひとりが全く違う世界の中で遊ぶことができる。


あるひとにとってとても悲しい話が、あるひとにとってとても勇気付けられる話になったりする。


絵本はとても自由。
作者にも伝えたいことはもちろんあるだろうけれど、ひとたび作者の手を離れたら、どう読むかは読み手にすべてゆだねられる。



東條さんが紹介してくれた絵本の中でも、衝撃を受けたのが「はるにれ」。

絵がない。
文もない。

ただ、はるにれの写真だけがある。

春夏秋冬、劇的にではないけれど、少しずつ姿を変えていくはるにれ。
はるにれを包む空気も、空も、太陽も、はるにれとともに移り変わっていく。

あるのは圧倒的な自然と、
ただ生きる、ということ。

はるにれはただそこに在るだけ。
ただ、自分のいのちを育むだけ。


写真集ではなく「絵本」。
そう提示されることで、わたしたちはこのはるにれの姿に何かを見出す。

そこに、自分なりの物語を描き出す。
文章から語られる物語はなく、
絵から読み取れる物語もない。


真っ白な状態から、自分だけの物語を創造する。


その絵本がわかりやすく伝えるものは何もないのに、ただページをめくり、はるにれの姿を見るだけで、なんだか泣きそうになった。


絵本の可能性は無限だということのひとつの形がそこにあったのかもしれない。

絵本はことばをぎりぎりまで削り落とす。 
それはわかりやすくするためではなくて、
きっと絵本の世界に本質だけを残すため。

だから、絵本はその本質を軸にして、どんなものでも、どんかかたちでも伝えることができる。


昔好きだった絵本を読み返してみると、子どもの自分が何に惹かれていたのか、何を求めていたのか、そんなことがわかるかもしれない。


今、自分がなんだかいいなあって思う絵本のどこに響いているんだろうって考えてみることは、自分の本質に向き合う時間になるかもしれない。


絵本に伝えられること、絵本から受け取れることは無限にある。


ゆっくりと、絵本と向き合い、絵本を味わう時間を持ちたいな、と思いました。



そんな素敵な絵本の世界を教えてくれた東條さんは、とっても笑顔が素敵な女性。

最後に絵本の読み聞かせをしていただいたのですが、とても美しい声で、うっとりと絵本の世界に浸ることができました。

本当に、素晴らしい時間をありがとうございました。


そんな素晴らしい時間をいただいた「勝手にサーカス!?」が新たに素敵な先生方をお招きして、秋の夜の下北沢に開校します。

もしご興味あればぜひ。

 
【勝手にサーカス!? 第二夜】
10月1日(土)
開場:17:30
開演:18:00
会場:下北沢ろくでもない夜
   世田谷区北沢2ー6ー5 ルイビル3F
 
料金:前売り 3000円
   当日 3500円
※別途ドリンク代500円が必要です
 
出演:
佐藤 あみ(女優・書道家
佐藤 達矢(おもちゃメッセンジャー)
玉田 精 (旅する字書き)
詠美衣(えみい)(詠人・旅人)
延藤ミッツェル五郎(劇場支配人・漫画家・芸人)

 
シマウマフック(お笑い芸人)
 
上岡 清志(勝手にサーカス!?校長)
 
■チケットの予約方法
69demonai46@gmail.comに、題名は「10月1日勝手にサーカス!?予約」と入れていただき、「日程」「枚数」「連絡先」のご記入をお願い致します。