心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

ひとそれぞれのあり方生き方進み方。自分はどこへ進みたい?

わたしのまわりの友人たちが、次々と会社員を卒業していく。

わたしのまわりの人たちを見渡せば、フリーランスの人たちばかり。

彼らの生きざまに、憧れないわけではない。
むしろ、すごくすごく 憧れる。

あんな風になりたい、と思うことも多々ある。
あんな風になれない自分を情けなく思うこともある。

けれど、わたしは自分のあり方を知っている。
わたしはリーダーとして誰かを引っ張るわけではなく、ビジョンを語るわけでもない。
わたしが得意とするのは、ひとりひとりに寄り添って、そのひとの本質を見極めて、サポートすること。

わたしが行動するとき、そこには必ず心震えた誰かの存在がある。

わたしは、どこまで行ってもサポーターなのだ。
そして、そんな自分のことがけっこう好きだ。

わたしはこの前記事にした西野さんの生きざまを、あり方をとてもとても尊敬しているし大好きだけど。
わたしは世界を語らないし、誰かの灯台になることもない。
でも、すべての人が世界を語らなくてもいいと思う。

わたしのようなあり方を選ぶ人がいてもいい。
挑戦も行動も人それぞれ。大きく派手な行動がどうしても輝いて見えるのも本当だけど。

毎日をただ丁寧に積み重ねることにも意味がある。

自分がどうありたいのか何をしたいのか何が得意なのか。それをひとつひとつ行動して、確認していく。

その結果が、ほんとうになんてことない平々凡々な答えになったとしても、自分の心が本当にそれを望んでいるのであれば、それはそれで構わない。

誰かと比較する必要はなく、社会に認められるすごいことをする必要もなく、自分がどうありたいか、だけだ。

そもそも、わたしは自分が表舞台に立ちたいとはさほど思ってはいなくて。
それなら、究極の黒子を目指すという道もいいかもしれない。

前回書いた記事とまるで逆のことを言っているみたいだけど。わたしはいわゆる「すごい人」になりたいわけではない。
ただ、自分が理想とするあり方で生きたいのだ。

そうして、自分が大好きなひとたちのサポートが出来たらそれだけで幸せなのだ。
偽善者っぽいけれど、自分の軸がないみたいだけれど、いつもどこまで考えても、同じところにたどり着く。

そのサポートをするために、時間もお金も能力も欲しい。必要な時に必要なサポートが出来るように。勝手にサポートが出来るように。

今はこんな風に思っているけれど、いつか自分の人生をかけて成し遂げたいものがぽっかり浮かんできたら、それに命をかけるのもまたいいと思う。

それが来るのか来ないのかはわからないけれど、でも今はそういう時期。自分がやりたいようにやって、勝手にサポートして。大好きだって伝えて。それでまあ、誰かが笑顔になったらそれでわたしは幸せだ。

f:id:kayamy:20160821211522j:plain