心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

写真は嘘をつく。

今日、ご一緒した方の言葉です。

 
ファインダー越しに覗く世界は、実際に見ている世界とは別物。
 
今までは、この目に映る世界をどう美しく「再現」しようか、でした。
 
でも、今日から世界をどう美しく「創造」しようか、に変わりました。
 
 
 
雲ひとつない空を滑空するオジロワシも、雪原の中で軽やかにステップを踏むタンチョウも、優しく穏やかに寄り添う親子も、わたしの目にはこんなに鮮明に美しく見えてはいません。
 
 
 
ファインダー越しに映る世界は肉眼で見る世界と変わらないはずだけれど、全く違う世界を創り出すことができる。写真は嘘をつくのです。
 
 
 
わたしたちは、見たいものを見たいように見ることができる。自分の見たい世界を創り出すことができるのが写真なのか、と感じた時間でした。
 
 
 
初日にして、ここまで写真に対する考え方が変わるとは…。これからの3泊4日が楽しみすぎます…!
 
一眼レフ買ってよかった…!!
 
 
 
今回訪れているのは、11月にわたしの心を一瞬でわしづかみにした安藤誠氏がいるヒッコリーウインド。
 
まさかこんなに早く、この地に降り立つことになるなんて。
 
ここで、このタイミングで、彼と共に写真が撮れるという幸福と幸運を噛み締めています。
 
 
 
わたしは、ここに北海道の雄大な自然を、ありのままの動物たちの生命の輝きを、安藤誠氏の生き様を、あり方を感じに来ました。
 
そして、その中で自分の核を確認していきます。
 
心と体をめいっぱい使って感じて学んで動いて、ここでの時間を人生の転機にしたい。
 
 
 
まだ1日目ですが、素晴らしい新年の始まりです!
 
 
 
Cheers to a great 2016!!
 
Thanks for everything.
 
f:id:kayamy:20160816221909j:image
 
昨年の11月の衝撃の出会いの後、北海道に飛んだ1月の記録。
 
彼の写真を見つけたきっかけはもう覚えていません。
ネットサーフィンをしていて、強烈に印象に残った北海道に生きる動物たちの写真。
その写真から感じたのは、とても優しく、溢れるほどの深い愛。
 
写真を見て、そんなことを感じたのは初めてでした。
わたしはどうしてもこの写真を撮った人に会いたくなって、個展の開催の予定がないか探しました。
 
一つだけ見つけたのが、少人数制のカメラのワークショップ。
基本的には主催者の知人を対象としたであろうそれに、今安藤氏に会いたいという気持ちを抑えられずにメッセージを送りました。
 
安藤氏の哲学に、生き様に触れ、わたしは彼の撮る写真に出逢えたこと、そして彼と巡り会えたことに、心から感謝しました。
 
そして、彼と同じように世界を見たくて本格的にカメラを始めることを決断します。
 
わたしは、あんなにも一瞬一瞬を大切に生き、目の前にあるその光景が、今ここにある出会いが、もう二度と訪れない奇跡の積み重ねなのだと、それを知り、体現している人を知りません。
 
花も、雲も、鳥も、決して今と同じ姿を見せてくれることはない。
自然との出会いはいつも一期一会で、二度と同じ瞬間は訪れない。
 
人間も自然の一部。
人間が作った街も自然の一部。
 
見える景色は違っても、出会うものは違っても、一瞬一瞬が奇跡の連続だというそのことは、どこにいても変わらない。
 
写真にも、カメラにも、全く興味がなくても、北海道の驚くほどに美しい景色と、日々を懸命に生きる動物たちの命の輝きと。
そして何よりも、安藤氏の哲学に、生き様に触れてみて欲しいのです。
 
今月の25日。
 
わたしがその写真に、その生き様に心震え、わたしをカメラの世界に導いてくれた、わたしの人生にとっての転機をもたらしてくれた、安藤誠氏の講演会があります。

安藤誠講演会「北方の自然と丁寧な生き方」
神奈川県座間市 麦っこ畑保育園チャリティ講演

日時:8月25日(木)16:00〜17:30

場所:横浜市西区高島2-3-21 ABEビル4F アドウェーヴスタジオ

会費:大人2000円(子供)中学生以下は無料。
※大人の講演参加費は全額麦っこ畑保育園へ寄付させてもらいます。

 
今回の講演会の売上は、全額麦っ子畑保育園が存続するための費用に充てられます。
 
こどもたちを分け隔てることなく、こどもたちの「やりたい」を尊重し、こどもたちを主役として運営される保育園。
年齢も、障害の有無も関係なく、みんな同じひとりのこども。
 
園舎は木で出来ており、木のぬくもりとともに、夏も冬もエアコンをつけることなく自然のままで、こどもたちの本来の力を制限せずに、のびのびと過ごせるように。
 
低農薬または無農薬の美味しいごはんを手作りで。
 
自然とともに、本来の自分自身が持っている素晴らしさとともに過ごす日々。
 
そんな素敵な保育園が、今、存続の危機に立たされています。
 
神奈川県座間市のこどもたちが、のびのびと成長できる場所を守りたい。
 
講演会に行ける方は安藤氏の写真に、哲学に触れて欲しいので是非講演会に。
 
平日なので行けない、という方もこちらのクラウドファンディングページから支援していただけると嬉しいです・・・!!
 
今年の1月に安藤氏の住む北海道のヒッコリーウィンドを訪れた時の記録はこちら。安藤氏と、道北の自然の素晴らしさが少しでも伝わると嬉しいです。
 
 1日目 写真は嘘をつく。(このページ)

2日目 自未得度先度他(じみとくどせんどた)

3日目 共に学ぶ。その本当の価値。

最終日 出来ないということがわかる。それが成長するということ。