心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

やさしさを、かたちにする。

f:id:kayamy:20160808222349j:plain

f:id:kayamy:20160808222450j:plain

f:id:kayamy:20160808222705j:plain

きっと、やさしさを形にしたら、こういう空間になるんだろう。

 

絵本の原画の個展。
それなのに、原画はあんまりなくて、子どもたちが喜んで、楽しく遊べるようなしかけばかり。
まるで、テーマパークみたいだった。

 

カラフルポップなトンネル。
ダンボールで作られた迷路。
発泡スチロールのつぶの海。
じぶんで作るおもちゃ工場。

 

そして。

のんびり背中を預けることができる、
おおきなおおきな「ママおばけ」。

 

あちこちに、手書きでのぶみさんからのメッセージや絵が描かれていた。

 

ただ絵を飾るより、きっと、とても時間も労力もかかっただろう。
トンネルも、迷路も、海も、おおきなママおばけも、この個展のためだけに作られたもの。

 

たくさんのアイデアをかたちにしようとしたときに、どれだけ大変かではなくて、本当に素敵な場所を作るにはどうしたらいいかって、それをただただ考えて作られたものたち。

 

ひとつひとつ、すべてのものが、
親子で来てくれるだろうみんなのために、
ワクワクして、喜んで、楽しかったー!!
って、そう感じて帰ってもらいたいって、
そんな想いに満ち溢れていた。

 

そのために原画のスペースがちょっぴりになってしまったとしても。

自分の絵本を読んでくれる人が、自分の描く世界が好きだと言ってくれる人が、とにかく楽しんで幸せになってくれる場所。
そんな場所を作りたかったんだろうなあって思う。

 

おとなのわたしたちのためには、のぶみさんの想いを綴ったビデオレターに手書きのメッセージ。

 

何百冊も絵本を描き、何年も売れない時代があったのぶみさんの、その生き方、あり方からまっすぐに届けられることばたちは、とてもとても深くて、素直で、心の奥の奥まで届く。

 

そんなのぶみさんが描いた絵本、「ママがおばけになっちゃった!」は悲しい話ではなくて、笑えて泣けて感動する、お母さんとかんたろうの愛の物語。
いつだって、なにがどうなったって、変わらずに、愛していると伝える物語。

 

いつもはあたりまえにあるそれを、もう一度見つめて、向き合って、自分たちの中に深くおさめていく。

 

絵本って、読むことによって命を吹き込まれるんだな、とそんなことにいまさら気付く。

 

絵本の中のことばたち。
愛してる、大切だと、それを読むことで、自分の中の愛してる、大切だというその気持ちがさらに輝く。

 

読んで、伝えて、読んだ自分の言葉を感じて、そうしてお互いに、もっともっと大切な存在になっていく。

 

心を込めて、目の前にいるこどもと、自分とに向き合って絵本を読む時間は、きっととても大切でかけがえのない時間なんだ。

 

絵本を読んでいる間、ママと、ぼくと、絵本の世界だけがそこにある。

 

表紙の原画。
ママとかんたろうがぎゅうっと抱き合う絵。
見ているだけで、あったかさと愛おしさが伝わってきて、じんわりと、身体の内側にあたたかいものが広がっていくようだった。
あまりにあたたかすぎて、込み上げてくるものを押しとどめるのがたいへんだった。

 

絵を見ているだけで、とてもあたたかくて、やさしい人なんだってことがわかる。
ずうっと見ていたくなるような、あたたかさ。

 

のぶみさんの絵はやさしくてかわいい絵。
でも、そんな絵を描く人がみんなやさしいわけではなくて。
そんな絵からも冷たさや迷いや悲しさを感じることがある。

 

原画も絵本もその人そのものを語る。
同じような物語がたくさんある中で、
のぶみさんの絵本が、心に届くのは、
のぶみさん自身が素敵なひとだから。

 

サイン会で、絵本にサインと絵を描く間、のぶみさんはひとりひとりと向き合って、ひとりひとりと丁寧にお話をしていた。

 

こどもたちと笑って話してじゃんけんして。
おとなたちの話にうなずいて感謝を伝えて。
ひとりひとりにとって、この時間が素敵なものになるように。

ひとりひとりと向き合って、ひとりひとりを大切にする、そのあり方がたまらなく素敵だなあと思って、ずうっと会話を聴いていた。
毎回違うことを話していて、毎回その人の話に耳を傾けていて、それを聴いているだけで優しい気持ちになれた。

 

完全に変なひとだったかもしれないけれど。

 

そしてちゃっかりわたしもサインをしてもらいました。
結婚して、もうすぐこどもが産まれる大好きな友人夫婦へのお祝いとして。
すぐには読み聞かせは出来ないだろうけど、いつか一緒に読んでもらえたらなあってそんなことを思いつつ。

 

そんなこんなで、ひとりで開場と同時に突入して、そこから4時間のんびりゆっくりまったりと、のぶみさんの空間を堪能しました。

 

とてもとても、素敵で幸せな時間でした。

会えてよかった、知れてよかった。
世の中には、素敵なひとがたくさんいる。

 

のぶみさんの大阪での個展は今日まででした。

 

会期中に2万人が来場しなければ失敗とみなされて、この規模の会場での個展の開催はとても難しくなる。

けれど、わたしが来場した時点で、その数は1万人すら遠かった。

 

もしかしたら、この場所での最初で最後になるかもしれない個展。

それでも、最後の最後まで、のぶみさんは自分にできる最大限のことをやる、とそう語ります。

何十人にもサインをして、腕が動かなくなっても笑顔を絶やすことはなく、最後のひとりにまできちんと向き合う。

最初に並んでくれた人と、最後に並んでくれた人。その間に違いはないから。

すべてのひとに、同じように、優しさをもって向き合いたいから。

 

そんな風に、腕が動かなくなって痺れてしまって、何度も失神しそうになっても、ひとりひとり、目の前にいるひとと向き合い続けたのぶみさん。

 

本日個展終了。来場者1万人。

絵本の売り上げは2000冊。

なんだか涙が出そうになった。

彼の想いが届いた。

彼の生き様がだれかの心を震わせた。

 

彼が、今目の前にいる人をただただ大切にした、その積み重ねがこの数字に表れているんだと。

そう思う。

 

 

わたしも彼のことを知ったのは一週間前だ。

絵本を読んだことすら、なかった。

でも、そんなことは関係なかった。

彼の生き様を見た。

想いを感じた。

それだけで十分だった。

 

2万人には届かなかったけど、でも、3日前の数字からすれば奇跡のよう。

ああ、奇跡は起こるんだ、想いは通じるんだ。

 

個展が終わってからも、彼はわたしたちに与えてくれる。

そのあり方で、生き様で、伝えてくれるんだ。

 

なんてありがたいんだろう。

なんてすばらしいんだろう。

こんな人がいるということが、同じ時代で出会えてということが、とても幸福なことだなあ、と思う。

 

のぶみさん、本当に、本当に、ありがとうございます!!

 

大阪の個展は終了しましたが、横浜で8月10日より個展が始まります。

 

こころ震えたら、ぜひ。

 
 
ママがおばけになっちゃった!
〜絵本作家のぶみの世界展〜
 
***横浜個展詳細***
 
開催場所・会場 モザイクモール港北 4階特設会場
開催期間 8/10(水)~28(日)11:00〜17:00
※入場は16:30まで
入場料 大人、こどもともに500円※3歳未満無料
 
 

f:id:kayamy:20160808222527j:plain

さよならママがおばけになっちゃった!

これが一番心に響いた絵でした。

ただ見ているだけで、心があたたかくなって、涙があふれそうになるような。

 

やさしい、愛おしい一枚。

 

f:id:kayamy:20160808222734j:plain

「大好きなひとへ」

ここに来た、ひとりひとりが、大好きなひとへ、普段言えないことも素直に伝えるメッセージにあふれたあたたかい場所。

一枚一枚、とてもあたたかい、素直な愛情表現に満ちていて、それだけで幸せになる場所でした。

 

 

「ママがおばけになっちゃった!」は、お互いが「大好きなひとへ」の想いを綴った絵本なんだな、とここでも。

 

そんなのぶみさんの絵本はこちらから。

 

ママがおばけになっちゃった! (講談社の創作絵本)

ママがおばけになっちゃった! (講談社の創作絵本)

 

 

 

さよなら ママがおばけになっちゃった! (講談社の創作絵本)

さよなら ママがおばけになっちゃった! (講談社の創作絵本)