心の景色の旅に出る。

こころふるえるだれかとの時間、そのものの中にあるだれかの想い、だれかの、じぶんのこころを旅したその軌跡を綴っています。

2016-09-26から1日間の記事一覧

おとなの学校 勝手にサーカス!? 〜五限目〜 石川 玄哉先生 「なにもないからなんでもできる、そんな家具屋の話」

27歳、彼はどこにでもいる会社員だった。突然、家具屋になりたいと思った彼は会社を辞める。その時、彼には何もなかった。お金も、知識も、情報も、能力も、人脈も、家具屋として起業するために必要なものは何ひとつ。そんな彼に出来たことは、ただただ「伝…

おとなの学校 勝手にサーカス!? 〜四限目〜 向原一平 先生「助けてください!」

「伝える」ということは、能動的に発信すること、だろうか。「伝える」ためには自分から行動し、働きかけなければならない、だろうか。わたしたちは、「誰かに伝える」という意図がなくても、毎日、毎瞬、何かを伝え続けている。参議院議員選挙が始まった。…

おとなの学校 勝手にサーカス!? 〜三限目〜 渡辺徹先生 「バイキンマンの方丈記な生き方」

日本で一番「全力で遊ぶ男」。そう言っても過言ではないだろう。仕事はしている。全力で。それ以上に、遊びも全力。五十の大台に乗っても、少年のような瞳で、まるで夢のような生き方をしている男がいる。年齢性別属性関係なしに、大人だからこそできる遊び…